夏の海中世界

はいさい!

 

本日は昼過ぎから梅雨並みの本格的な雨が久しぶりに降りました。

明日からありがたいことにたくさんのゲスト様にご予約いただいております。

 

天気だけが心配…。

 

とはいえ天気でうじうじ悩んではいられません。

 

台風じゃないだけマシ!と言い聞かせて楽しみましょう!!笑

 

本日は夏の海中世界の様子を先日の休日ダイビングからご紹介。

 

◆◇◆◇夏の海は可愛いものがいっぱい!?◆◇◆◇

 

 

夏はあったかい…もとい暑いんですが、水中世界も同じです。

いや水中は「熱い」かも…。笑

何が熱いかというと、水中も文字通り水温が高くなりあったかくなります。

 

温度でいうと大体28℃くらい。

いわゆる水着でもへっちゃらというやつです。

 

魚たちも人と似ているのか、あったかくなると動きが活発になります。

 

特に産卵シーズンに入ります!

 

これが「熱い」!!

 

この時期には通常見られるサイズ(成魚:人間でいう大人ですね)に加えて

 

いつもは見れないちぃーさな魚(幼魚)の姿を見ることができます!

 

カメラダイバーなんかはこの時期にちぃーさな赤ちゃんたちを撮りに行くほどです。

 

かくいう僕も写真を撮ってきました!!

ヒレナガネジリンボウyg

こちらは約1.5cmくらいの『ヒレナガネジリンボウ』

人気のハゼは小さいとより可愛いですね!

ヒレナガネジリンボウ ad

↑成魚はこちら↑

 

とはいえ簡単には見つかりません。

 

なんせめちゃくちゃ小さいですからね。

僕が見つけたのはまだ大きい方…

 

広大な海の中から1cmにも満たないような魚たちを探しに行くんだから

一筋縄では行きませんよね…。

 

でも見つけた時は一入の喜び!

 

しかしながらこれらのハゼは30mくらいの深〜い場所に。

 

体験ダイビングやシュノーケルではお目にかかれませんが

 

可愛い赤ちゃんたちはハゼ達だけじゃないんですよ!!

 

先日出会ったクマノミの幼魚や

 

ミナミハコフグの幼魚

 

などなど

 

これらの可愛い魚達はシュノーケルや体験ダイビングでも見ることができます。

 

ご参加された際はぜひ探してみてくださいね!!

 

 

ちなみに人気の「青の洞窟」の入り口前にも可愛い魚の赤ちゃんが群れていますよ!

今の時期だから見られる光景です。

 

ご参加してのお楽しみということで…

 

ぜひぜひ皆さん、水中世界の可愛い住人達に会いにきてくださいね〜!

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

村尾 亮汰
村尾 亮汰FRiPアウトドアツアー代表
大学でアウトドアの基礎を学び、卒業後すぐに西表島へ。
カヤックとトレッキングのガイドとして経験を積んだ後、沖縄本島へ。
沖縄本島移住後はダイビングに没頭。
約4年間の下積みを経て2019年に独立し「FRiP」を開業。
趣味はゲームのもっぱらインドア派。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です